電子契約の導入には取引先への説明が不可欠

電子契約の導入には取引先への説明が不可欠

様々なコストを大幅にカットすることができるといわれる電子契約は、契約作業の効率化にもなるのが魅力ですが注意点はないのかという疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。
便利なシステムですが、導入する前には取引先に説明をする必要があることは知っておきたいところです。
というのも、相手も電子契約システムの使用に前向きである場合には良いですが、中にはまだ紙の契約書を使用する方法でなくては契約そのものをしない、という考えを持っている取引先もあるかも知れません。
紙の契約書を使用しないでおこなう電子データによる契約は誕生してからそれど歴史があるわけではない新しい方法であるため、電子契約サービスの事業者でトラブルが発生したときにどのような判例なるかがまだ分からないこともあるからです。
そのようなことが慎重にさせているので次第に一般化しつつある電子契約ですが、相手によっては分かりやすく説明をして理解を得る必要があるでしょう。

電子契約システムの特徴やメリットを説明します

リモートワークを導入する企業が増えていることから、近年注目を集めているのが電子契約システムですが、具体的にどのような特徴やメリットがあるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
電子契約システムの説明をすると、これはインターネットが利用できる端末から利用できweb上で契約手続きをすることのできるシステムです。
デジタルデータで契約作業をおこなうことができる電子契約システムは、出社が不要なのでテレワークにも役立ちます。
申し込みから契約の締結、契約書の保管までをweb上で完結させることが可能です。
サービスによっては無料のトライアル版が用意されていることもあり、一定期間は無料で試せます。
もしこれから電子契約システムを導入するか検討しているのなら、無料のトライアルを活用して使用感を体験するのがおすすめです。
立会人型や当事者型の署名に対応しているサービスがあり、電子署名とタイムスタンプなどが記録されるのが一般的です。

著者:大滝幸

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
リモートワークに便利な、電子契約の仕組みや特徴について執筆しています。